Copyright© Hosokawa Music All rights reserved.

検索

ウィーン旅行 その3

ウィーン中央墓地はとても広く4つの門があり、第2門の楽聖達のお墓を目指してバスを乗り継ぎ迷いながら辿り着きました。入口の花屋でお供えのバラを買いいざ32A地区へ。そこに眠るのはベートーヴェン、ブラームス、シューベルト、シュトラウス、モーツァルト。 ベートーヴェン、ブラームスはドイツから移り住みウィーンで亡くなっており、モーツァルトは共同墓地に埋められ遺体の場所が不確定とのことで記念碑になっています。1人ずつのお墓を目の前にして、この偉大な作曲家が本当に実在していたんだとバラを供え心に深く感じました。

ウィーン旅行 その2

楽友協会はウィーンフィルの本拠地です。毎年元旦に全世界でTV中継されるニューイヤーコンサートが開催される場所と言えばよくわかると思います。しかしながら会員でないとチケットの入手はかなり難しく、今回はモーツァルトオーケストラのコンサートを聴きました。演目は(観光客向け?)ドンジョバンニ、魔笛、フィガロ、アイネクライネ、交響曲34、48など有名どころ。あらゆる所に金箔が使われた「黄金のホール」は天井の装飾も美しく、最高の音響、最高の音色に包まれました。