検索
  • 由佳 細川

オンラインレッスン




4月よりオンラインレッスンをご提案し、希望の生徒さんに行っています。手探りでしたが、この状況でのレッスンの選択肢として送り手だけでなく生徒さんも新たな視点を持てるかも!と恐れず先ずはやってみようと。


方法は2種類より。

レッスン日までに演奏動画を送って頂きそれを見た上で、

①当日Skypeや FaceTime等の双方向でレッスンする。(携帯、PC)

②後日アドバイスの動画やコメントを返信する。


音質や時差の問題を少なくして指導に当たるために事前に演奏動画を撮って送って頂くという点は同じですが、お仕事などで決まった時間にレッスン設定ができない方が②をしています。

動画は保護者の方にお手数をおかけするので、お時間が取れない時は当日レッスンのみという日もあります。


このレッスンでの収穫は幾つもありました。動画撮影や当日、お母様お父様もご一緒にレッスン参加して頂けること。生徒さんも撮影やレッスン時の集中力が着いたこと。私共においては伝える言葉や送る動画の大切さを実感したこと。ホワイトボードに書いて目で認識する効果も。

そして何より顔を合わせてのレッスンは気持ちが届きます!


引き続き試行錯誤しながら今できるレッスンで音楽を繋いでいきたいと思います。

19回の閲覧

最新記事

すべて表示

ハミング

作曲家の池辺晋一郎氏がハミングだけの合唱曲を作ったという新聞記事を読みました。新型コロナ禍で追い詰められているプロの合唱団のために。 そのハミング、レッスンでも使っています。曲は歌ですから弾く本人も指導者も歌いながら練習することがよくありますが、今はそれができない。ではとハミングの出番です。 収穫は口の中で響かせることで声を出すより音程に集中できること。 ハミングって鼻歌?そうです。口の中から鼻に

Copyright© Hosokawa Music All rights reserved.