top of page
検索
  • 執筆者の写真由佳 細川

老後とピアノ


稲垣えみ子さんの本「老後とピアノ」を友人から勧められました。

大人の生徒さんへの指導のヒントとか、また自分自身の今後のピアノとの付き合いとか、何か見つかればという気持ちで読みましたが、楽しいエッセイに励ましていただきました。

老後というと少し重く感じるものの誰でも閉じていく人生後半戦に、稲垣さんはピアノを楽しむことを幸せに思うこと=希望の光ようなものが確かにそこにある気がすると書いていらっしゃいます。

また、そのピアノを弾く幸せについて胸に響いた一節をご紹介します。


成功も失敗もない。上も下もない。どんなに凡庸な人間でも、自分の心の中のどこかに隠れていた美しいものに、自分の手で火🔥をつけることができる。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page