検索
  • 由佳 細川

「左手のコンチェルト」と「キンノヒマワリ」


舘野氏にとって生きることは弾くこと。

音楽家の両親を持ちごく自然に音楽の道を選び、芸大卒業後は日本を離れ自然豊かなヘルシンキに暮らし演奏活動をします。2002年脳溢で倒れ右手が不自由になるも、左手だけで演奏することに再び音楽の喜びを再確認しその可能性に挑んでいます。

一方中村氏は音楽の家庭ではないが桐朋の音楽教室よりその才能に秀で、井口愛子、ジュリアード等で学びショパンコンクールに入賞します。国内外で多くの演奏会を行いながらコンクールの審査員、著述業、料理にまで腕を発揮しました。本の帯より「努力、天分、そして度胸と美貌。」に満ちた女性でした。

それぞれに決して平らな道を歩んではいませんが、ファンを惹きつけて止まない魅力に溢れるピアニスト人生です。胸に響く2冊でした。


5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

大人の🎹レッスン

大人の方がレッスンにいらっしゃる動機は様々です。子供の頃習っていて今はご自分の癒しのために、経験はないけれど習得したい、保母資格を取るために、お子様のピアノレッスンを手伝うために、これから産まれる赤ちゃんに聴かせるために…等々。 その動機は違えども皆様同じくとても熱心で、お忙しい中練習してきて下さいます。 コロナ禍でこれまでの価値観が変わってきたと言われますが、見えるものより見えない味方、悲しみに