検索
  • 由佳 細川

ハノン

更新日:2020年5月2日


「コロナウィルスの感染拡大防止」のセリフに沈む毎日です。こんな時の過ごし方について宇宙飛行士の野口聡一さんは宇宙での経験から①ルーティンを作る②先のことを考え過ぎないで今やれることに集中する、ことを挙げています。シンプルでスッと納得しました。

また、アスリートの方々が子供達に家での基礎練習を伝えていました。体操選手が倒立を、バスケットの選手がボールを同じ高さに投げ、取る練習を。

ではピアノのルーティン練習は何が良いでしょう?それはハノンです。

ピアニッシモで、マルカートで、リズムを変えて、テンポを変えて、3番続けて、

20番まで全部続けて(>_<)、脱力して、タッチに集中して…飽きることがありません。

そして好きな曲を弾いてみると、あーら不思議指が回ります‼

もちろんハノンだけやっていれば良いということではありません。

が、先ずは1オクターブの往復から、それが大きな曲への道につながるのです。


15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

大人の🎹レッスン

大人の方がレッスンにいらっしゃる動機は様々です。子供の頃習っていて今はご自分の癒しのために、経験はないけれど習得したい、保母資格を取るために、お子様のピアノレッスンを手伝うために、これから産まれる赤ちゃんに聴かせるために…等々。 その動機は違えども皆様同じくとても熱心で、お忙しい中練習してきて下さいます。 コロナ禍でこれまでの価値観が変わってきたと言われますが、見えるものより見えない味方、悲しみに