検索
  • 由佳 細川

蜜蜂と遠雷


直木賞に続き本屋大賞を受賞した恩田陸の「蜜蜂と遠雷」を読む。2段500ページを読み切れるかなとの心配はすぐに消え、ピアノコンクールに挑む若い演奏家たちの「音」に魅せられ一気に読みました。

言葉は楽譜のようなもの、その言葉が意味のあるものならば、必ずそこに音楽を聴くことができる、と作者は言います。

逆もまた真なり。楽譜は言葉、フレーズは文章、曲は物語だ。生徒さんと一緒に曲の題名から物語を作ることもあります。

本の内容にコンクールの順位はあまり重要ではありません(実際の演奏家には重要です)。作曲家の意図を汲んだうえで、生まれも育ちも違う演奏家たちがどんな音を出して語るか、自分が聴衆の一人になってドキドキしながら聴きました。次の曲、その次の曲を「聴き」たくて「読む」、たぶん同じ経験をたくさんの人がしたからこその賞なのでしょう。この不思議な読書体験を、是非皆さんにお勧めします。


24回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

大人の🎹レッスン

大人の方がレッスンにいらっしゃる動機は様々です。子供の頃習っていて今はご自分の癒しのために、経験はないけれど習得したい、保母資格を取るために、お子様のピアノレッスンを手伝うために、これから産まれる赤ちゃんに聴かせるために…等々。 その動機は違えども皆様同じくとても熱心で、お忙しい中練習してきて下さいます。 コロナ禍でこれまでの価値観が変わってきたと言われますが、見えるものより見えない味方、悲しみに